FC2ブログ

ヒルデガルト研究会

12世紀ドイツの女性神秘家ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの神学・医学・薬草学・音楽についての研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

『聖ヒルデガルトの病因と治療』出版記念・講演と音楽の夕べのご案内

長く歴史の闇に埋ずもれてきた12世紀ドイツの修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの手による幻の名著『病因と治療』の本邦初訳・出版を記念し、編訳者臼田夜半氏による講演と、パリ・イエルサレム修道会修道士ダミアン原田師によるお話しと音楽の会を開催いたします。

ヒルデガルト思想の精髄と音楽に触れる秋の夜のひとときを、近江楽堂の清楚な空間でお楽しみください。
コンサートチラシ入

第一部 臼田夜半 講演        
『聖ヒルデガルトの病因と治療』を読み解く          

第二部 ダミアン原田 お話と音楽 
『ヒルデガルトと中世の音楽』(プサルテリ・シター・波紋音)
「ヒルデガルト聖歌メドレー」/「青きマント」(作者不詳)/「沈黙の音」(ダミアン原田作曲)/その他


【臼田夜半プロフィール】
福岡県出身。九州大学中退。著述家。作品に編訳『聖ヒルデガルトの病因と治療』(ポット出版)、随筆集『病という神秘』(教友社)、小説『ネロの木靴』(地湧社)、小・中学校用デス・エデュケーション」学習支援ソフト『いのちの大切さ』(文科省)がある。

【ダミアン原田プロフィール】
福岡出身。イタリアローマ教皇庁立ウルバノ大学、国際カルメル会国際神学校、サンタ・チェチリア音楽院にて神学音楽を学ぶ。その間中世医学史、中世音楽演奏法を修得。フランス神学誌に「沈黙の音楽」 「東洋の沈黙 西洋の沈黙」を発表。世界遺産サント・マリー・マドレーヌ大聖堂のオルガニストを長年務める。ヨーロッパ中世楽器シター、プサルテリ等の演奏者。パリ・エルサレム修道会修道士。


●日時:11月20日(木) 18:30開場 19:00 開演

●場所:近江楽堂(東京オペラシティ)

●主催:ポット出版    

●チケット:全席自由3000円

●申し込み先:以下の「チケット情報」申込フォームまたは電話からお申し込みください。
 申込フォーム
https://docs.google.com/a/pot.co.jp/forms/d/10VKnX0YyAemsmFDOuQOV-Z64gzAacehmWsH1OJa3aW0/viewform?c=0&w=1

電話:03-3478-1774(ポット出版)

*定員80名に達し次第、申し込みを締め切ります。なお残席がある場合、当日受付をいたします。
スポンサーサイト
このページのトップへ

2014年度「ヒルデガルト・セミナー」開催のご案内

2014年度「ヒルデガルト・セミナー」
『聖ヒルデガルトの病因と治療』概論

表紙(小)

●『聖ヒルデガルトの病因と治療』の出版に伴い、同書の概論を扱うセミナーを開催しようと思います。
キリスト教信仰を魂の中核とする預言者ヒルデガルトの言語と向き合い、12世紀という時代性の中で日本人がこの『病因と治療』を読み進めようとするときのポイントについては、本書「はじめに」の項で概括した内容が、今のわたしが書きうる最大限のものだと思っています。したがって今回のセミナーでは、この「はじめに」(P11~P46)の各項を詳細に読み解きながら、さらにそれに関連する本文のうち、特にBOOK 1「宇宙と元素」(P55~P100)に該当する項目を、会読の形で綿密に省察してゆきたいと思っています。
●本書は神学から医学・薬学に至る多分野の内容を含むため、一度に全部を読み進めるのは困難なため、BOOK 2以降は、また回を改めて扱う予定です。
●ゆったり話ができるように、今回は一泊二日の日程としました。放射能フリー・シェルターの主宰者勝俣國江さんのご厚意により、一戦場の高台にある静かな保養所「まちの縁側かもがわ」をお借りします。

日時:10月25日(土)~26日(日) 1泊2日
場所:「まちの縁側かもがわ」 鴨川市貝渚北一戦場 2011-1
     http://engawa.s501.xrea.com/ENGAWA/
講師:臼田夜半      

●セミナー・スケジュール
25日   13:00 安房鴨川駅前(ジャスコ側)集合
      14:00~17:00 第1回会読
      17:00~18:30 夕食
      18:30~21:00 第2回会読
26日    8:00~9:00 朝食
9:00~12:00 第3回会読

●受講料
一泊二食:9000円
     内訳  第1回会読+第2回会読:4000円
         第3回会読:2000円
         夕食:1000円
         宿泊費:1500円
         朝食:500円
 ●宿泊しない人の「まちの縁側」使用料は以下の基準に従います。        
25日昼:500円 
26日朝:500円
    *したがって宿泊なし(夕食付)の場合は8000円になります。
 ●定員:20名
      定員に達し次第、締め切ります。

●テキスト:『聖ヒルデガルトの病因と治療』(ポット出版)
      *お持ちでない方には当日頒布できます。

臼田夜半
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

johanusuda

Author:johanusuda
臼田夜半
鴨川市在住
著作『病という神秘』(教友社)
  『ネロの木靴』(地湧社)
  『聖ヒルデガルトの病因と治療』(ポット出版)
制作『いのちの大切さ』
(文部科学省学習支援ソフト)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
医学・神学・薬草学 (2)
歴史・神学・医学 (2)
歴史・哲学・神学 (1)
神学 (2)
お知らせ (4)
セミナー (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。