FC2ブログ

ヒルデガルト研究会

12世紀ドイツの女性神秘家ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの神学・医学・薬草学・音楽についての研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

鴨川ハーブソサエティ主催 「ヒルデガルト連続セミナー」 (全4回)

ヒルデガルトの思想―『病因と治療』からみた病と治癒
講師:臼田夜半

■主旨
●この日本でもハーブや音楽分野の人たちの中で、ビンゲンのヒルデガルトの名は少しずつ知られるようになりました。12世紀のドイツに生きた一修道女ヒルデガルトが、「視幻」という特異な体験を通して表現した世界は驚くほど広く、神学・医学・薬学・音楽・絵画など、多岐にわたっています。
●ヒルデガルトの自然学には神学的なベースがあり、その神秘的な神学にも自然学の視点が深く組み込まれています。だからたとえばヒルデガルトのハーブ療法を学ぶとき、その処方だけを切り離して理解しようとすれば、一面化する危険が伴います。一言で言えば、ヒルデガルトは、今の私たちとは違い、人間という存在をまず「霊的な存在」として捉えるからです。
●このセミナーでは、「12世紀ルネサンス」と呼ばれる時代背景と同時代の思想から入り、ヒルデガルト神学の概略を見ながら、ヒルデガルトの身体論を経て、ハーブ療法など具体的な施術の基礎にあるヒルデガルトの思想を理解するために、特に「病とは何か」「恢復とは何を意味するか」という一点に絞って考察します。
●そのための素材として、日本では未刊行の著作『病因と治療』(Causae et Curae)の記述を主に扱います。
●詳しい内容についてはインターネット上にアップしている「ヒルデガルト研究会」の記事を参照してください。 http://hildegardjohan.blog.fc2.com/
●ハーブ関係の人はもちろん、医療や音楽に関わる人など、幅広い参加を呼びかけます。


■日時・場所
主催:鴨川ハーブソサエティ
  期間:3月~6月の第3土曜日 
  時間:午後2時~4時 
  場所:鴨川ハーブソサエティ・クラブハウス
     鴨川市横渚28 ホットモットの左奥 https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja
  連絡先:e-mail:sthaiku@mac.com
TEL&FAX:04-7096-5030(ハーブソサェティ代表:高梨澄代)
  受講料:各回2000円
  *各回20人限定
  *参加希望者は上記メール・アドレスまたは電話・ファックスでご連絡ください。
   詳しいことは追ってメール等でご案内いたします。

■内容
第1回(2013/3/16)
ヒルデガルトの時代と同時代の思想 
1) ヒルデガルトの生涯 
2) 12世紀ルネサンス
3) 十字軍と異端―12世紀のキリスト教とヒルデガルトの位置


第2回(2013/4/20) 
ヒルデガルト―女性性の神学
  1) 同時代の思想―シャルトル学派の宇宙論を中心として
  2) ヒルデガルト宇宙論の特異性と受胎論 
  3) 女性性の神学―ヒルデガルトにおける原罪の理解を中心として


第3回(2013/5/18)
  ヒルデガルトの身体論と病因論
1) 中世の身体―ヒルデガルトの身体論 
2) 肉体―霊魂とはなにか
3) 病とはなにか―「癒える」ことの意味


第4回(2013/6/15)
ヒルデガルトの医学
1) ヒルデガルト体液論の特異性―ガレノスとの対比を中心として
2) ハーブ療法とその他の療法
3) 精神の病と死の兆候/その他の特異な記述について
4) 救済―共苦する共同体(ホモ・コンパティエンス)

*内容は参加者の構成や参加者の問題意識に合わせて変更する場合があります。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/15(水) 11:47:18 |
  • |
  • #
  • [編集]

Re: 講座について

赤石様

ご連絡、ありがとうございます。臼田です。
今行っている4回連続セミナーは来月で終わります。その後の予定はまだ組んでいないのですが、今のところ秋までは別の要件で組めそうもありません。
もしセミナーをやる計画になりましたらご連絡させていただきます。
昨日のセミナーのレジュメはブログにアップしましたので、よろしかったら目を通してください。

http://hildegardjohan.blog.fc2.com/

臼田夜半


> はじめまして。
> 突然のコメントを失礼いたします。
>
> 私はヒルデガルトフォーラムジャパンに所属しております、
> 赤石と申します。
> 本日は、副代表の長谷川弘江さんからご紹介いただき
> ご連絡させていただきました。
>
> こちらの講座にうかがいたかったのですが、
> 第三土曜日は生憎毎月決まった仕事があるため参加が難しく、
> 別日程でお願いすることは可能かどうかお聞きしたく
> ご連絡を差し上げました。
>
> 現在、『聖母の騎士』で連載をさせていただいているのですが、
> 今年の10月に発行されるものでヒルデガルトを紹介するため、
> できればその前に講座をすべてお聞きしたいと考えております。
>
> ご検討いただけましたら幸いです。
>
> お手数をおかけいたしますが
> お返事をいただけましたら有難いです。
> よろしくお願いいたします。
>
> 赤石

  • 2013/05/19(日) 06:56:48 |
  • URL |
  • johanusuda #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/19(日) 09:22:34 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hildegardjohan.blog.fc2.com/tb.php/7-cb40e991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

johanusuda

Author:johanusuda
臼田夜半
鴨川市在住
著作『病という神秘』(教友社)
  『ネロの木靴』(地湧社)
  『聖ヒルデガルトの病因と治療』(ポット出版)
制作『いのちの大切さ』
(文部科学省学習支援ソフト)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
医学・神学・薬草学 (2)
歴史・神学・医学 (2)
歴史・哲学・神学 (1)
神学 (2)
お知らせ (4)
セミナー (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。